はじめてのプレスリリース!「プレスリリース、ニュースリリースでTVやネットで無料で広告しよう!」

なぜプレスリリースだけでは駄目なのか?

なぜプレスリリースだけでは駄目なのか?

 人によっては「せっかくプレスリリースが採用されたのに思ったより反響が薄いな」などと悩んでいる人もいるかもしれません。これはおそらく、プレスリリースで取り上げられた際に具体的にどこにアクションを起こせば良いのかという事がはっきりしていないからなのではないかと思われます。具体的に言うと、実店舗が無い、サイトが無い、ソーシャルメディアが無い、そもそもどこに問い合わせれば良いのかメールアドレスしかわからないなどの状況の事を言います。ビジネスによっては実店舗がいらないものであることもありますし、これに関しては絶対ではありませんが、せめてプレスリリースを発表したサービスに関するサイトや、それにまつわるソーシャルメディア(TwitterやFacebook、InstagramやYoutubeなど)を利用していた方が、このプレスリリースとの相乗効果が望めます。

 特にインターネット上でのニュースとして流れた場合、気になったほとんどの人がもっと詳しい情報や具体的なサービスや会社のサイトなどをみたいと思う傾向にありますので、せっかく報道されたのに何も無いという事ですと、はっきり言って片手落ちです。

 ですので、さくっと自社のサイトやソーシャルメディアなどのオウンドメディアを用意しておくのが賢い方法なのです。

具体的にソーシャルメディアはどれがいいのか?

 ソーシャルメディアのうちどれを採用するのかというのはとても難しい問題です。たとえば、それ自体がカジュアルで楽しみ深いものだったり、若者向けのものであれば、おそらくはTwitterを選択するのが正解です。もしも若干フォーマルで、大人にフォーカスするものなのであれば、Facebookが良いかと思います。しかし、これに関しては両方それぞれ良いところがありますので、無理が無いのであれば両方運営してみるのが良いかと思います。また最近ではYoutubeやInstagramという動画を用いたソーシャルメディアなども人気になっています。ほかにもVineなどもありますが、基本的にコマーシャルユーズしやすいのはこのYoutubeとInstagramです。気軽に始められるのはなんと言ってもInstagramで、実店舗があったり、見栄えのするものがあるのであれば、こちらがいいでしょう。ただ、特に編集せずとも見栄えがあるというものに欠ける場合はYoutubeなどで、編集した動画をアップしていくというのもいいでしょう。しかし、これに関しては凝りすぎるときりがありませんので、楽に出来る範囲でやっていくと良い広報になるかと思います。

サイトはどうやって作れば良い?

 もしも本当にしっかりとしたサイトが欲しいのであれば、依頼して作るというのが一番確実な方法だとは思います。しかし、一つ依頼すると50万~100万近くかかってしまうこともあるので、スタートアップの段階でこれだけの額を使うのであれば、もう少し別のことに使いたいという人もいるかと思います。勿論少しだけ、勉強してという事でしたらWordpressなどのCMSを利用して立ち上げてみるのも悪くはありませんが、急激なアクセスによってサーバーが落ちたり、セキュリティーに関することも気遣わなければいけなかったりして、これもなかなか難しい問題だと思います。そういう人にはWixというテンプレートから作るタイプで、Webホスティングもやってくれるサービスを利用すれば良いかと思います。

 Webを公開するのには通常サーバーが必要になりますが、しっかりしたサーバーであれば月額1000円ほどはかかってしまいます。これにサイトのURLであるドメインの年額費用1000円も合わせると年間で、13000円はかかってしまいます。勿論サイトのデザインやその他システムの設置もほとんど自分でやらなくてはなりません。ところがWixの起業家向けプランであれば、年額13000円という格安の値段で、ドメイン、サーバー、サイトのデザイン、Googleの検索連動型広告75ドル分のクーポンがついてきます。そしてサイトのデザインもテンプレートの中から好きなものを選んでカスタマイズするだけという楽ちん仕様です。もしも、ショップが内部に欲しいのであれば、月額1700円のプラン、つまり年額17000円のプランで可能です。勿論、若干広告が入ってしまうものの、無料でお試し出来るプランもあるので、試しに無料で作ってみて、広告などが入っていると見栄えが悪いし、自分だけのドメインも使いたいし、Googleで広告出したいと思ったら契約すると良いかと思います。

 今は本当に便利な時代になったものだと思います。また、このWixであれば後から編集することもWordやExcelなみに簡単なので、まずは無料で使ってみると良いでしょう。

ニュースリリースやプレスリリースの際はドメインを記載しよう

 そして、肝心のニュースリリースやプレスリリースを送るときには、これらの自分のサイトの情報なども書いておくと良いでしょう。それにより合わせて報道されるという可能性もありますし、非常に大きなニュースメディアからリンクされる可能性も見えてきます。つまり、自分が営業に出て回らなくても、プレスリリースという広告と、サイトという営業マン、そしてソーシャルメディアによるネット上の地道な営業が重なり、最大限の効果を発揮していくようになるでしょう。是非プレスリリースやニュースリリースを出す前に、自分のメディアを持つことの大切さをもう一度見つめ直してみてください。

TOEIC800点以上のコツ