はじめてのプレスリリース!「プレスリリース、ニュースリリースでTVやネットで無料で広告しよう!」

ニュースリリースとプレスリリースの違いとは?

ニュースリリースとプレスリリースの違いとは?

 自社の商品をもっと沢山の人に知ってもらいたい。もっと沢山の人に自社のサービスを使ってもらいたい。そう考えていながらも、広告費を出せるほど余裕が無い場合にはプレスリリースが役に立つことがあります。これは報道機関に対して自社の保有する情報をおくるというもので、採用された場合には、全く知られていない場合に比べて大きく、購入してもらえる可能性が伸びていくこととなります。

 とくに最近では最新の商品や企業自体をブランド化していく事が一つの主流な流れになってきていますので、これらのプレスリリースという機能はこれよりももっと大きくなっていくことでしょう。

 このページではそんな中から具体的にプレスリリースとニュースリリース、そして広告とはどのような違いと差異があるのかについて考えていきたいと思います。商品や企業の価値を高めるためにもはや避けては通れなくなったプレスリリースに関して正しい知識を身につけていきましょう。

プレスリリースとはそもそも

 プレスリリースとは、先ほども説明したとおり、企業・団体等から報道組織(メディア)向けに発表する資料や情報の事を言います。これらの情報を報道組織や雑誌、Webなどに提供し、メディアに取り上げてもらおうということです。特に多くのメディアはこれらのプレスリリースの中から良いものを取り上げることを、一つのメインともいえる報道内容だとおもっていることもあり、必ずしもプレスリリースが全て使われるわけではありませんが、仮に取り上げられた時には認知度と信頼性を客観的な見地から高めることが出来るようになるというわけです。

プレスリリースとニュースリリースの違い

 一般的にプレスリリースとニュースリリースは非常に似ている事もあってか若干混同される事があります。勿論意味自体がそこまで変わらないということもありますが、場合によっては使い分けられることもありますので、どういった例があるか紹介して参ります。特に、プレスリリースに関しては、マスコミや記者をターゲットとして定めた、情報伝達のこと自体を指す言葉であり、ニュースリリースに関しては多くの場合インターネット上にてユーザーに対して広く告知するという意味合いが多く、WEB上で行われるというだけでニュースリリースの方が適切であるとする層もあります。

プレスリリースと広告の違い

 広告とプレスリリースは明確に違いがあります。たとえ、プレスリリースを頑張って書いて送ったとしても、「なんで採用してくれないんだ?」と問い合わせたりするのはとてもおかしな話です。広告とプレスリリースの違いのその大きな部分は、やはりお金を払うか払わないかの違いが上げられるかと思います。

広告=広告枠に対してお金を支払うため、ほぼ必ず掲載される。

プレスリリース=報道機関にニュースのネタを提供する。掲載するかどうかはメディアが決めること。

 広告であれば、お金を出すことによって広告枠を購入し掲載が約束されますが、プレスリリースに関してはただ、報道機関に自社の情報を提供するだけです。ニュースのネタとしてふさわしかったりすればメディアに取り上げられることもあるかもしれませんが、必ずしも取り上げられるとは限りません。逆に、広告の場合は広告欄に記事が掲載されることが多いのに対して、プレスリリースは広告それ自体が一つの記事としてなり立つという側面をもっています。これにより、単なる広告で無いという事から、その情報に関しての信頼性が担保されるようになるというわけです。しかし、その報道内容に関してはこちらでどうにかコントロールすることは出来ないので「良いことばっかり書いてくれなかった」などと言っても仕方が無いというところもあります。

広告と併用すると強い

 プレスリリースはなんと言っても、無料で出来て威力が強いという強みがありますが、逆に弱点としては必ず採用されるわけでは無いという部分があります。ですので、基本的には広告とこのプレスリリースを併用することによって力を発揮していくのが最も賢い方法だと思われます。プレスリリースなどには様々な種類がありますが、その全てが採用されるわけでは無いので、せめて、自分だけのメディアは一つ持っておくことが必要になるかと思われます。

TOEIC800点以上のコツ

医療事務のスペシャリストを目指すなら医療事務 専門学校へ!

気持ちいいいくらいがちょうどいい、ボキボキしない適切な根本治療が好評です。クチコミ高評価のやまもと整骨院が行うむちうち(京都)の詳しい施術案内は当サイトをご覧ください。分かりやすく解説しております。
医療事務のスペシャリストを目指すなら医療事務 専門学校へ!