はじめてのプレスリリース!「プレスリリース、ニュースリリースでTVやネットで無料で広告しよう!」

プレスリリースとはどんな広告なのか?

プレスリリースとはどんな広告なのか?

 プレスリリースとはそもそも本来は広告ではありません。正確に言い表すのであれば、広報、告知、情報の提供、発表などが正しくなるかと思います。特にこれらは、報道機関や報道組織に向けた公式の報道発表になりますので、ニュースリリース、報道発表という風にも呼ばれています。自組織内に持っていた情報のうち、世の中に知ってもらいたいものを、報道組織がニュース記事の材料に使ってくれることを期待して送られるもので、確実に使われる確証はないものの使われた際の影響は広告では出せないほどのものがあります。

 基本的にこのプレスリリースは、ファクシミリ、インターネット、郵送、文書の直接配布(投げ込み)、記者会見などによって報道機関やニュースメディアに直接配信され、多くの企業ではそれ専門の広報部門の担当者や、マーケティング部門の担当者などがこれらのリリースに関わっていることがほとんどです。しかし、このプレスリリースというものは実際に報道され記事になるということはなかなかありません。報道を期待する企業が凄い重要な情報だと考えていても、報道機関の側から「これは記事にするほどでも無い」と判断が下された場合は記事になりません。広告ではありませんので、これに関しては記事にする、しないを選ぶのは全て報道機関側の判断で行われることになります。

意外と多いプレスリリース

 基本的に報道機関には毎日山のような数のプレスリリースが届くので、選ばれるのはごく一部になっています。その山の中から記事にしたいものだけを抽出して、それについて取材を行い、その上で取材が上手くいったもののみを記事にするという事になっています。それ以外のプレスリリースは残念ながらゴミ箱行きで、中には中身も読まれずに捨てられるものもあると言います。(メールの場合タイトルがそぐわなかったりなどの事情で)

 勿論ほとんどの媒体が、ニュースの掲載スペースが限られていることから、この読者に届けるべきか否かという取捨選択は、報道機関にとって重要なもので、ある意味ではこの熾烈なる選別作業をくぐり抜けたプレスリリースだからこそ、大きな価値と信頼性を生むという事につながるのだともいえるでしょう。

プレスリリースの手法について

 プレスリリースには様々な方法がありますが、ここでは最もメジャーなものだけを紹介していきます。まず一番使われている、プレスリリース方法が、FAX送付、電子メール送付によるものです。特に普通の案件などである場合は、ファクシミリや電子メールなどで送られることがほとんどです。新規製品や、新サービスの発表についてだったり、注目が集まるような人事異動などの場合はファクシミリや電子メールで報道機関に送付することとなります。基本的に報道機関はプレスリリース用のFAX番号、電子メールアドレスについて用意しているので、それをなんとか手に入れて送信するといった形になります。

WEBサイトでのプレスリリースも

 最近では、ただ報道機関のみにプレスリリースを出すのでは無く、公式サイトなどに配布したのと全く同じ資料を掲載する官庁や企業なども多くあります。ウェブサイトの中のこのプレスリリースコーナーによって、利用者やお客さんの理解を得ているというケースも最近ではかなり増えてきています。しかし、たとえば記者クラブなどで、資料配付を行う場合は、そこで資料が公開されるよりも前に情報がオープンになっていないことが求められますので、記者クラブで資料配付をしてから、同時刻か、それより後になってから公開されることがほとんどだそうです。

 通常プレスリリースは、発表する側からすれば、テレビや新聞等のマスメディアではプレスリリースがあっても報道されるとは限らない上、報道されても全体の一部に過ぎないケースがあります。さらには、発表者が意図していたものとは違った報道がされる事もあります。また発表側の意図とは違った報道がなされることもあります。しかし、インターネットで公開することにより、発表の一部を切り取ることなく原文のそのままに記事を公開することが出来るので、失火流とそのままの本位を伝えることが出来るかと思います。

これは結局のところ利用者の為

 実際に情報を受け取る側、つまりはマスコミに宛てて出したプレスリリースなどが、採用されたマスコミ媒体を読む側からしてみれば、必要な情報の全文を読めると言うことは大きな利点となりえますので、今現在はHTMLやPDFはたまたストリーミング映像によるプレスリリースなどを各企業が発表していると言います。

TOEIC800点以上のコツ